Vライン脱毛 形

Vライン脱毛の形とは?

みなさんは、ビキニラインを自己処理するとき、形はどうしていますか?
下着や水着からはみ出ないようにカットしたり、シェービングしたりしていますか?

 

それとも、きちんと形を整えていますか?
Vライン脱毛を考えている方にとって、Vライン部分の形をどうするか?
ということは結構悩んでしまうことではないでしょうか?

 

ビキニラインの脱毛の形としては4つくらいに分けることができるようですね。
V型、スクエアー・I型、細いI型、ブラジリアンの4タイプです。

 

ビキニラインの形として一番ポピュラーなのが、逆三角形ともいわれるV型。

 

V型とは、下に行くにつれて細くなっていく形で、
下着からはみ出ることなく全体的にアンダーへあの大きさを小さくして
形を整えた感じになりますね。

 

最近では、ローライズの下着の形に合わせて逆三角形の底辺にあたる部分を
低めにする逆三角ローライズにしている人も多いようです。

 

エステでVライン脱毛をすると、パーツが細かく分けられていて、Vライン上、Vライン下、
Vラインサイドなどとで別料金になっている場合もあるので、事前に確認するようにしましょう。

 

スクエアー型は、Vラインの次に人気な形。
エステによってもビキニラインの形の呼び方は少し違いがありますが、
基本スクエアー型の幅は、5センチくらい下のほうまで同じ幅です。

 

Vライン脱毛が始めての方や、ビキニラインの形を少し整える位でいいと
考えている方にはこの形でいいかもしれませんね。

 

海外の女性に人気の形が細いI型。

 

極力アンダーヘアは必要最低限隠れるところが隠れればいい・・・
そんな方に人気の形がこのI型。

 

ただ、毛の密度が薄い人や毛質によっては、隠れるところがきちんと隠れないこともあるので、
自分で脱毛するときには、鏡で確認しながらしましょう。
ブラジリアンは、全く残さずに処理してしまう方法で、ハイジニーナともいわれています。

 

Vライン脱毛をどんな形にするかは悩んでしまうところですが、
それぞれの個性もあるので、自分の気に入る形ならどんな形でもいいかもしれませんね。

 

もともとVラインの毛の形は人によって違うものなので、誰かと同じ形にしようとしても、
微妙に違ってきたり、脱毛をする範囲も違ってきたりするものです。

 

ただ、エステやサロンで永久脱毛をするなら、後で毛を生やすということは難しいので、
広範囲で脱毛をしすぎないようにするほうがいいでしょう。

 

Vラインはデリケートな部分でもあるので、
Vライン脱毛を始める前に慎重に考えてからがいいかもしれませんね。