Vライン処理 注意点

注意点はありますか?

夏が近づくとケアしなければいけないVライン

 

海やプールで水着を着る機会も多くなると思いますが、
Vライン脱毛を忘れてしまうと、恥ずかしい思いをすることがありますよね。

 

夏場が近くなった2ヶ月くらい前にはムダ毛の処理をするといいかもしれません。

 

自宅で自分でVライン脱毛をするとしたら、どんな点に注意する必要があるでしょうか?

 

まず、Vラインは敏感な部分なので、丁寧に処理するようにしましょう。
自宅でカミソリを使って処理するのは一番簡単な方法かも知れません。

 

最近は型紙もあるので、
その型紙をあててはみ出した部分のアンダーヘアを脱毛するという
便利な方法で処理できてしまうのです。

 

ただ、カミソリの処理で注意することは、丹念に剃っても毛がボツボツ出てくること、
毛が濃くなってくる、肌荒れを起こす可能性があることなのです。

 

カミソリを使うなら、逆そりしないで毛の流れに沿って剃り、
剃った後には保湿のケアをしっかりしてあげることで肌を保護するのが大切ですよね。

 

自宅での処理方法として、除毛クリームワックスを使うこともできます。

 

肌に影響がある可能性もあるので、
必ずパッチテストをして問題がないかを確かめてから使うようにしましょう。

 

除毛クリームは、毛を作っている成分がアルカリ性に弱いことから、
アルカリで毛を溶かす方法なので、肌が弱い方は特に注意が必要ですよね。

 

エステでVライン脱毛をするなら、
きちんと信頼できる評判の高いところを選ぶなら安心して
脱毛することができるかもしれません。

 

エステではVライン脱毛してもらう部分と残す部分、
形を自分で決めて明確に伝える必要があります。

 

Vラインの形としては、三角形タイプが一般的ですが、
これなら長い毛をカットして整えるだけなので、簡単で費用もそれほどかからないのがいいですね。

 

体毛には成長サイクルがあるので、
Vライン脱毛の時にはその時期にも気をつけなければいけません。
成長期と休止期が繰り返されるので、正しい時期に脱毛してもらえるようにしましょう。

 

エステでVラインの永久脱毛を希望するときには、
施術回数や費用もしっかり事前に確認してから契約するようにしましょう。

 

また、レーザー光線による脱毛は、
わきなどの永久脱毛よりも何倍も痛い思いをするようなので、
その点は覚悟する必要ありそうですね。

 

自分で処理するにしても、
エステへ通うとしてもVラインはデリケートな部分になるので慎重にしたいものですよね。

 

正しい知識と情報を収集することで、
安全で安心できる脱毛方法を選ぶことができるといいですね。